きゃばりあ~ず ☆バロンとナイトと琉生☆

キャバリアの♂バロンと♂ナイト、そこに2011年12月三男坊の琉生(りゅう)がくわわりました☆大好きな家族の毎日を綴ります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




何もかも、バロナイさんのお陰どす。 :: 2011/04/21(Thu)
C_20110325214229.jpg
さて、この写真は桜がまだ満開を迎える前のころのです。

最近バロナイちゃんのお写真が撮れていません。

2時間のお散歩なんて余裕だったのに、

今では1時間が精一杯。

その分、パパさんがお散歩に連れて行ってくれるから、

まだ有り難い限りです。



今日は、ちょっと書きたいことがあるので綴っとこう。



バロナイがいなかったら、私は赤ちゃんを授からなかったと思う。

バロンとナイトの命が、私を母にしてくれた。

守らないといけないこの二つの命が、私に強さをくれた。

とにかく、30歳にもなるこの大きなワガママ娘は、

バロナイさんに出会って大きく変わったのです。

そして、このお二人は、この冬、一晩中私を暖めてくれました。

この冬はナイトを迎えて初めての冬でした。

おもしろいことに、お布団の中で(我が家は一緒に寝てます)、

バロンは私のお腹に、ナイトは私の足元におさまってました。

本当に暖かい冬だった。

超冷え症な私は、本当にありがたくって。

今まで妊娠出来なかった理由に、

冷え症は関係しているなと密かに思っていた私。

4月とはいえ、まだ夜は寒く、バロナイも潜り込んでくる。

なんとあたたかいことか。

ありがとうバロナイ☆大好きさ☆





スポンサーサイト
  1. 妊婦とバロナイ☆
  2. | trackback:0
  3. | comment:8



次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。